企業の方へ

後援・協力のお願い

 東京学生広告研究団体連盟(以下、東広連)は、昭和30年に「1つの大学ではできない、もっと面白い大規模な活動をしたい」との意思で創立され、今年で62年目を迎えます。 東広連では、加盟大学の広告に関する研究ならびに広告制作活動を助成し、併せて加盟員相互の親睦を図ることを目的としており、創立以降、複数の大学と合同で広告の大会である学生広告展を毎年開催しています。
 しかし、学生主体の運営ということもあり、以下の2点につきまして企業様や社会人の方々のご協力を必要としています。

1、資金面→加盟員負担の軽減、会場費用、環境設備費用、機材費。
2、人材面→講演者、審査員。

 東広連が今後より一層の発展を目指すためには、皆様からのご支援が必要不可欠であります。広告制作に高い志を持った、次世代を担うであろう若者達にぜひご協力いただけないでしょうか。
 東広連の活動の趣旨をご理解くださり、少しでもご興味・ご関心をお持ちになってくださった方はページ最下部のお問い合わせ先からご連絡ください。後援・協力企業様へ東広連も最大限の協力をさせていただきますのでご支援いただけましたら幸いでございます

クライアント協力のお願い

 毎年秋に開催する学生広告展では、実際に企業様にクライアントとして広告制作の許可をいただき、加盟員が制作した広告を、広告業界の方を審査員としてお招きし審査をしていただいております。東広連では、この学生広告展の広告制作課題商品を提示するクライアントになっていただける企業を毎年募集しています。なお、クライアントになることによって協賛金をいただくということではなく、商品の広告制作の許可や大会当日の審査などをお願いしたく思っております。

 本大会の魅力の例としては、下記のことが挙げられます。
・本大会に参加する800名以上の加盟員の商品認知と口コミ効果
・学生間の貴社におけるイメージアップ
・学生間との連携による御社の社会的イメージアップ
・学生ならではの企画やアイデア
・消費者である学生のリアルなデータや情報

 学生広告展のクライアントについて、少しでもご興味・ご関心をお持ちになってくださったら、ページ最下部のお問い合わせ先からご連絡ください。

お問合せ先

第62期 東京学生広告研究団体連盟
広報担当
菅原竜仁(法政大学広告研究会)
tkr62.sugawara@gmail.com(PCメールアドレス)

©2017 東京学生広告研究団体連盟
.All Rights Reserved.