『学展反省会2022』が開催されました!

更新日:2月23日

 2022年2月13日(日)に『学展反省会2022』が開催されました!



 今回のイベントでは、学生広告展の本審査員を務めてくださいました日本広告制作協会の三上峰生(みかみ みねお)様を講師にお迎えし、学生広告展の振り返りと広告を制作する上での基盤となるコンセプトやキャッチコピーの考え方をワークショップ形式でご教授していただきました!下記にて、内容の概要を記載いたします🌸

 今回のイベントもオンラインでの開催となりましたが、学生広告展の振り返ると共に、他大学との交流や広告制作の面白さに触れ、モチベーションアップと第63回学生広告展に向けて、みなさんのお力添えになっていましたら幸いです!



【講演概要】

〔学生広告展 振り返り〕

 三上様より、一次審査を通過した21作品に焦点を当て、「ターゲット」「ターゲットにどうなってもらいたいか」「コンセプト」「表現」の4つの項目に沿って、良い点と悪い点、そして改善の方向について丁寧に語ってくださいました!


 実際に、本審査員を務めてくださった三上様からの貴重な評価時の観点についてご講演していただけたため、学生広告展はもちろん、普段の広告制作時にも役立つような知識も学ぶ機会となりました。


 また、これらを踏まえて、広告制作の手順をご教授していただきました!

最初の段階で必要となる情報の「インプット」、さらには広告制作時に後回しにしてしまいがちな「コンセプト」の重要性、そしてその後にキャッチコピーや絵コンテなどの表現となる「アウトプット」という段階を踏み、広告制作に取り組むということを学ばせていただきました。


 さらに「コンセプト」の部分では、商品のコンセプトの実例を挙げてご教授していただいたため、「コンセプト」という言葉を学生広告展で初めて耳にした学生や広告制作時に「何を書いたら良いのかわからない!」と悩んだ学生の助けとなるようなご講演だったと思います!


〔ワークショップ〕

 広告制作における「インプット」と「コンセプト」、そして表現の部分となる「アウトプット(今回はキャッチコピーまで)」の考え方の理解を深めてもらうため、三上様よりお題に沿って、ご講演と実際に紙とペンを用いて手を動かす個人ワークを繰り返しながら各自でアイデアを考えていただきました!


そのお題とは…

大学生が上野動物園に行きたくなるにはどうしたらよいか」です!


 このお題に沿って「インプット」では、ターゲットの大学生の身になって考えるために、自分自身の経験や上野動物園に赴かない理由に含まれる不安や不満などの「不」の要素に焦点を当て、これらを解消ためにはどうしたら良いか?ということを基に、各自でコンセプトを考えていただきました。最終的には、事前に振り分けたグループ内で各自の案を共有、そしてグループで1つのコンセプトに絞りました。


 グループ内では、各自が感じている「不」の部分(動物の匂いが気になる、天候に左右される、交通のアクセスが悪い)等から、どのようにしてコンセプトを生み出したのかを発表し、意見交換をしていただきました。進行を務めた東広連スタッフは、どのコンセプトも素晴らしく、1つにまとめることがとても難しかったそうです!


 またワークショップ後半では、「導いたコンセプトからキャッチコピーを考える」という主題に沿って、実際にキャッチコピーをグループごとに考えていただきました!


 しかし、いざ実際にグループワークをしてみると難しく、話し合いの予定時間を超えてしまうグループもありました。たしかに、都内に住んでいる私でも上野動物園には最近全く行ってないので、みなさんも改めて行かない理由を聞かれると、困ったのではないのでしょうか。そこから行きたくなるようなキャッチコピーを出せと言われても難しいですよね(笑)


 今回のワークショップを通して、コンセプトをよく考えることへの重要性と、キャッチコ ピー制作の難しさを実感できた人も多かったのではないのでしょうか!ましてや、普段話したことのない違う大学の人と一緒に考えるということが、さらに難易度を上げたかもしれません…ただ、それが難しく感じたからこそ、今回のワークショップの一番の醍醐味だったのではと考えています!

 みなさん本当にお疲れさまでした!!


〔参加してくださったみなさんの声〕※後日実施したアンケートより一部抜粋

・今までの企画段階で疑問に思っていたことが解決したイベントだった。

・実践的に広告を学ぶことができ、モチベーションが上がりました!

・同じ大学の人だけではなく、他の大学の人とも交流をし、自分とは違う人の意見や視野を取り入れることができました。

・今回のお話は広告制作のみならず、日常的にも何かを企画する際にも活かすことができる内容だと感じました。


【最後に】

改めまして、三上様および、参加してくださったみなさん、誠にありがとうございました。東広連では、今後も5月に開催される「勉強会」や「合同制作講座」などの様々な広告に関するイベントを開催していく予定ですので、引き続きみなさんのご参加を心よりお待ちしております!

東広連一同

最新記事

すべて表示

2021年2月21日に『冬の講演会~広告名作劇場~』が開催されました! 初の66期主体でのイベントということもあり不安はありましたが、問題なく終えることができました。 今回の『冬の講演会~広告名作劇場~』では、プロの広告クリエイターを3名お招きし「面白い広告は何か」 について講演していただきました。3時間を超える大大大ボリュームな内容で、たくさんのことが吸収できたのではないかと思います。また、参加

先日、12月11日に、株式会社ADKのドラえもんルームにお招きいただき、会社や仕事内容について伺いました。今回は、2月に行われた学展反省会でのワークショップのアイデア賞と、学生広告展のADK賞の副賞として、2年生2名と3年生3名で訪問させていただきました。 空調もよく効いていて、仕切りやソーシャルディスタンスをとった席など衛生管理を徹底した環境での訪問となりました。 当日は、広告制作の大変さや面白

​ニュースリリース

NEWS RELEASE